【VSCode+WSL】WSL環境内でVSCodeを使う

プログラミング環境
色

Visual Studio Codeくん,君は本当に何でもできるな

というわけで今回は,私の大好きなVSCodeシリーズです.

WSLとVSCodeを連携させて,Windows環境を汚さずWSL内でコーディングが出来るというお話.

連携方法やメリットなどを紹介していきます!

WSL(Windows Subsystem for Linux)とは

WSLとは,Windows Subsystem for Linuxの略で,Windows環境でLinuxをより扱いやすくしたものと捉えるとよいでしょうか.

Windows内で独立して動作する別OSという捉え方もできると思います.

microsoftのWSL解説ページには,こうあります.

Windows Subsystem for Linux を使用すると、開発者は、仮想マシンのオーバーヘッドなしで、ほとんどのコマンド ライン ツール、ユーティリティ、アプリケーションを含む GNU/Linux 環境を変更せずそのまま Windows 上で直接実行できます。

Windows Subsystem for Linux に関するドキュメント –https://docs.microsoft.com/ja-jp/windows/wsl/about

さらに,WSLではLinux側で実行した命令を,Windowsの命令に変換して実行しているため,ほかのVirtual Machineなどよりも動作がはやいとのこと.

従来のWindows環境では手間だったプログラミング環境の構築などを代わりにWSL内で行うことで簡単になりました.

VSCodeとの連携で何がうれしい?

VSCodeと連携させてどんないいことがあるのか.

それは「Windowsの環境を壊さないこと」「CやPythonなどの環境構築が楽

この2点に限ります!

Windows環境を壊さず独自完結できる

WSLは,それ自体が1つのOSとして完結しているため,データストレージもWindows本体とは切り離されています.

コマンド実行自体はWindowsで実行可能な命令に変換してカーネルで実行しているようですが,OSに依存する環境設定などは完全に別です.

つまり,扱うプログラミング言語が多くなってきて,設定がぐちゃぐちゃになったりソースファイルでごった返したりする心配がないのです.

Windowsのメリットは,Officeのようなデファクトスタンダードなビジネスツールが使いやすいことやUI周りの充実性だと思っているので,

プログラミングなどのさほど上記と関係しない事項で環境が汚れてしまうのはあまり好ましくありません.

そこで,WSLのような別環境でプログラミング環境が簡潔するのは非常に良いことだと思います.

プログラミング環境構築がラク

従来は,Windows環境でC言語を開発しようとすると,様々な設定が必要でした.

MinGWなどのコンパイラの導入,エディタの導入,環境変数の設定などなど…

しかし,ubuntuなどのLinux環境には,それら開発環境がデフォルトで導入されていることが多いです!

エディタに関しても,Vimやnanoなどの環境を手軽に導入できます.

また,VSCodeと連携させるとVSCode自体がエディタとなってくれるためWindowsライクなUIで開発することも可能です!

Python3系を導入したい場合は,

$ sudo apt install python3.x

と打つだけでいいから楽ですね.

VSCodeとの連携方法

連携に関しては,いたって簡単です.

ありがたいことに,Microsoftが公式でWSLと連携できる拡張機能を用意してくれています.

必要な環境

  1. WSL導入済みのWindows10
  2. Visual Studio Code

拡張機能「Remote – WSL」の導入

VSCodeの「拡張機能」タブの検索欄に「Remote-WSL」と入力後,こちらの画像の拡張機能をインストールします.

インストールされていなければ,「無効にする」ボタンの部分が「install」などとなっているので,クリックするとインストールが完了します.

連携 – WSL内をVSCodeで開く

ここまで来たら,あとはWSL内のフォルダをVSCodeで開くだけです!

やり方は,VSCodeウィンドウの左下,緑色のアイコンをクリックします.

すると画面上部にメニューが出てくるため,好きなものを選ぶとその方法でWSL内のフォルダがターゲットされた状態のVSCodeが開きます!

②の選択肢「Remote-WSL:」詳解

  1. New Window→新しいVSCodeウィンドウでWSLを開く
  2. New Window using Distro…→WSLで使用するOSを選択
  3. Reopen Folder in WSL→現在のフォルダをWSLで再度開く
  4. Getting Started→ヘルプページを開く

この状態では,WSL内で完結しているので,Windowsとは独立した環境の構築が行えます!

Windows側のVSCodeとは別で拡張機能も管理できるので,環境による使い分けにもってこいです!!

今回は連携までの説明にして,実際の使用例は機会があれば紹介します!

色

快適なVSCodeライフを!

参考にさせていただいたサイト

code.visualstudio.com – Developping in the Windows Subsystem for Linux with Visual Studio Code

Developing in the Windows Subsystem for Linux with Visual Studio Code
Using Visual Studio Code Remote Development with the Windows Subsystem for Linux (WSL)

コメント

タイトルとURLをコピーしました